« ファニチャー/etc|施工事例紹介Vol.17 | | 特殊塗装(2)|施工事例紹介Vol.19 »

2020年5月18日

特殊塗装(1)|施工事例紹介Vol.18

14:27

アーティーズの施工事例を数週に渡りご紹介しております。

今回は特殊塗装についてご紹介致します。

ぜひご覧ください!


__________


 特殊塗装

エイジング/フォーフィニッシュ/スペシャルフィニッシュ

 特殊塗装にも様々な表現方法が存在します。アーティーズでは、『エイジング』、『フォーフィニッシュ』、『スペシャルフィニッシュ』に特化した施工を行っています。『エイジング』とは、腐食や塗装技術によってアンティーク品などに見られるような経年劣化による独特の味わいを演出することを指します。『フォーフィニッシュ』は、擬似塗装のことで金属・木目・大理石など、本物の素材・質感をそっくりに表現する方法です。『スペシャルフィニッシュ』は、メタリック(ゴールド・シルバー・コパー)塗装、カラーウォッシュ、ステンシルなどの技法を指します。この3つの技法を複合的に使用することで、より表現豊かな仕上がりを目指しています。

 金属や無垢の木などの実素材施工は素材本来の良さを味わえるメリットがあります。しかし、手に入りにくい、高額すぎる、重すぎて設置できない、経年変化によりボロボロになってしまう...などの懸念も生じてしまいます。施工した場合も、メンテナンスができない、物理的に難しい、イメージに合ったものが見つからない...などの問題も起こるかもしれません。そういった問題を解消するためにクロスやサイディングを使用することもできますが、模様が連続して見えてしまうこともあります。また、実素材であれば自然環境において経年変化による見た目の変化が多様になりますが、人工物のため影響されにくく、均一な表情に見えてしまうこともあります。

 アーティーズでは、特殊塗装の技術を織り混ぜながら、施工場所の「状況」「灯りや光」などを把握し、「材料の選択」「ツヤの有無」など、最大の効果が生まれるよう熟考し、空間そのものを「演出」「表現」しています。


p4445.jpg